イノセントワールド
プロフィール

Innocent Worlddd

Author:Innocent Worlddd



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アナリティクスサミット2015に行ってきました


アナリティクスサミット2015に行ってきました。
まず最初の感想は・・・。

暑かった。
あ、天気です。
日差しが強くて汗も拭き拭き。

サミットも熱かったです。
全て面白かったのですが、なかでもデータスタジアム社の話が面白かったです。
サッカーに分析を持ち込み、気合と根性にデータを紐付け、勝つ確率を高くする事を実践されている会社さんです。

なかでも、記憶に残ったのが4つ。
1)分析は起きた事だけでなく、起きなかった事も考える
サッカーのたとえ話。
ファインセーブしたキーパーが本当に素晴らしいのか?
野球で言えば、ファインプレーが素晴らしいのか?

2)本質から確率を上げることを考える。
情報は膨大。だから情報を取捨選択しなければならない。
その際に考える根幹は「本質から考える」ということ。
例:野球は3アウトとられない限り攻撃は続く。
  バレーは床にボールがつかない限り得点にならない。
何をすれば、勝てるのか。ビジネスモデルの本質を理解せず、上辺だけみてもダメ。

3)伝える力の重要性(伝え方、タイミング、内容、場所、雰囲気、量)
 ケース1:分析100%だったけど、50%しか伝わらなかったので、70%のチカラしか出せなかった
 ケース2:分析70%だったけど、100%伝わったので、90%のチカラを出せた

いくら分析が完璧でも、伝わらなかったら結果に繋がらない。
データはだれでも利用できるようになってきている。
重要なのは、データを解釈して、伝えて、実践する、という人の能力次第。

4)自分たちの型の精度が高まると、相手の分析の精度も高まる。だから別のオプションも備えておく。
ザックJAPANがW杯で勝てなかった理由の一つ。

戦略に直結した分析の在り方を学ばせて頂きました。

あと!!
オリックス生命保険社のお話。
「142857」の数字の秘密。面白いー。

答えはコチラ
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。